レイク限度額と総量規制の関係について

カードローンの申込みで「総量規制」が気になっている人が多いと思います。

 

総量規制は、貸金業者による貸付が「年収の3分の1」を超えてはならない、というものですが、これは、過剰貸付とならないようにするためにあるものです。

 

 

まず、総量規制が規制する業者が「貸金業者」である点がポイントです。

 

貸金業者は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのことで、「銀行」は含まれていません。

 

つまり、新生銀行レイクのローンなら、総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1超の融資も可能ということになります。

 

 

次に、年収の3分の1として計算しているのも、貸金業者からのキャッシングに限られている点がポイントになります。

 

消費者金融や信販会社の「キャッシング」は、年収の3分の1の計算の対象ですが、

 

 ・クレジットカードのショッピング
 ・自動車ローン
 ・銀行カードローン

 

などは、計算に含めません。

 

何が年収の3分の1に含まれ、何が含まれないのかを理解して、間違えて判断しないようにすることが大切です。

 

 

これらの点を理解しておけば、レイクに限らず、どのカードローンに申込んでも失敗はないはずです。

 

カードローンでは、総量規制は、基本的な知識になりますので、よく理解しておくようにしましょう。

 

 

なお、レイクが総量規制対象外だからといって、

 

 高額すぎる限度額

 

を希望するのもよくありません。

 

返済シミュレーションなどを使うようにし、返済可能な範囲内での希望をだすようにしましょう。